レスリング部の紹介

 レスリング部は毎年、よい成績を収めることができるとても強い部活です。
活動場所:レスリング場

 

BackNo:2016


平成29年度天皇杯全日本レスリング選手権大会に出場

昨年末の12月20日から23日まで東京駒沢オリンピック公園総合体育館で開催された平成29年度天皇杯全日本レスリング選手権大会へ、3年の稲葉海人君と安楽龍馬君が参加しました。この大会は大学や社会人のトップ選手と高校生は全国大会1位の者のみ参加資格が与えられる大会です。稲葉海人君はグレコローマン55kg級1回戦、拓殖大学2年生で大学選手権3位の選手と戦い2度の投げ技を決め1分31秒テクニカルフォール勝ちを収めました。2回戦は今回優勝した第1シードの社会人選手に2分41秒テクニカルフォール負けでした。安楽龍馬君はフリースタイル65kg級1回戦、国民体育大会成年の部3位の社会人選手と戦い4対4の接戦を制し判定勝ち、2回戦は第2シードで今回2位になった早稲田大学の3年生と対戦し2対6の判定負けでした。2名共に日本最高峰の選手権大会で大学や社会人選手相手に1勝を出来たことは大きな自信となりました。この4月から稲葉海人君は日本体育大学へ、安楽龍馬君は早稲田大学へ進学が決まっています。それぞれの夢に向かい更なる飛躍を期待しています。

  

平成29年 全国グレコローマン選手権大会2名優勝

8月16日(水)~19日(土)まで、大阪府の堺市で行われた全国高校生グレコローマン選手権大会に本校からは9名の選手が出場しました。結果は66kg級の安楽龍馬選手が7試合を勝ち抜き見事優勝しました。安楽選手は7試合中6試合がテクニカルフォール勝ちで失点はわずか2点と王者の貫禄を見せつけ、昨年に引き続き2年連続優勝を果たしました。55Kg級に出場した稲葉海人選手は昨年は3位と悔しい結果でした。初戦は緊張していたせいか危ない試合でしたが、その後は落ち着いた試合運びで悲願の優勝を果たしました。60kg級に出場した矢部晴翔選手は3回戦敗退、66Kg級の清水翔斗選手、84kg級の古川裕貴選手、96Kg級の猪股健祐選手が2回戦敗退、74Kg級の笹本雅人選手、120Kg級の小林健信選手が1回戦敗退という結果でした。10月には国体があるで、さらに良い結果が出せるように精進していきたいです。

平成29年 アジアジュニアレスリング選手権大会へ安楽龍馬が日本代表

6月16(金)~18日(日)に台湾の台中で開催されたアジアジュニアレスリング選手権大会へ安楽龍馬が日本代表として参加しました。この大会は20歳以下で本来なら大学1・2年生年代が主力となる大会です。安楽は、1回戦Gurbanmyrat OVEZBERDIYEV(トルクメニスタン)に8-0、2回戦Ramazon IBODOV(ウズベキスタン)に7-5、3回戦Mansur SYRGAK UULU(キルギスタン)に3-2と旧ソ連圏3選手を撃破し決勝進出。決勝では、レスリングが国技であるイランのAmirhossein Ali HOSSEINI選手を8-6で破り優勝しました。今回、日本から参加したフリースタイル、グレコローマン、女子の3スタイルで唯一の金メダルであり、男子高校生がアジアジュニアで優勝したのは日本初の快挙でした。

平成29年 山梨県高校総合体育大会 団体優勝・5階級制覇 達成

5月10日から3日間、全校で取り組んだ高校総合体育大会が終了しました。
レスリング部の成績は
団体戦で見事優勝を勝ち取ることができ、個人フリースタイルでも5階級制覇するなどの素晴らしい結果を

残すことができました。

この、輝かしい結果を出すことができたのも日々練習に励む生徒の力があったからこそだと思います。

また、選手を導く、先生方の指導力にもよるのではないでしょうか。
本大会でたくさんのご声援をいただきありがとうございました。
今回の結果に慢心することなく、さらなる高みをめざし、日々精進していきます。


BackNo: 2017 - 2016

学校案内パンフレット

     

学校生活

広報

PTA

卒業生の方へ

お問い合わせ

ページの上部へ