機械科の紹介

具体的な学習内容は


 ・部品を成形するための加工法と工作機械

  ・部品として使用される材料の種類・性質

  ・材料に加わる力とそれによる変形

  ・各種機械要素(ねじ、歯車等)の働き

  ・製作図面の読み方・書き方

 ・動力の基となるエネルギーの発生変換等に

  ついて学びます。

 


実習は

1学年:旋盤・溶接

2学年:旋盤・フライス盤・溶接・手仕上げ・CNC旋盤・

マシニングセンター・情報・材料実験

3学年:旋盤・原動機・CAD・CAM を行っています。

 

平成2年機械科から電子機械科-学科改編を行いました が、これは製造分野で、広くコンピュータ技術が利用されるよう になった事に対応するためでした。改編に伴い、コンピュータ を用いて製図を行うCAD装置、コンピュータ制御によりプログ ラムによって加工を行う工 作機械(CNC旋盤、マシニ ングセンター)、三次元CA Dで措かれたデータを基 に加工まで行うEWS実習 設備等が整備され先端加 工技術の習得が可能にな りました。 マシニングセンター工作機械 最近の取り組み ここ数年重点的に取り組んでいることは、ものづくりの実践と 自ら目標・目的を持って学習に取り組む態度及び勤労観・職 業観を育成することです。 具体的な取り組みとして (1)各種コンテストへの積極的な参加 高校生ものづくりコンテスト旋盤加工部門、高等学校溶 接競技会、ロボコンやまなし等に参加し、毎年上位の成績 を残しています。


H22高校生ものづくりコンテスト(関東大会)

(2)資格取得の奨励

従来のガス・アーク溶接、ボイラー、製図の資格に加え、 技術者が持っている技能を国が保証する技能検定の取得 に力を入れています。現在は機械加工(普通旋盤作 業)、一般熱処理、機械検査の3職種の取得に取り組ん でいます。国家検定ということで、知識・技能ともに高いレ ベルが要求されますが、高度熟練技能者や一般企業の 方を講師として招き、指導をしていただくことで、年々合格 者を増やしています。

外部講師による機械検査実技指導

(3)キャリア教育の充実

2年次のインターンシップ、地域連携ものづくり人材育成事業による、企業実習・高度熟練技術者による実践的授業、夏休みの親子ものづくり教室等を行うことにより、勤労観・職業観の育成及びコミュニケーション能力の充実を はかっています。


電子機械科 - 電気科 - 情報技術科 - 環境科学科 - システム工学科 - 制御工学科

学校案内パンフレット

 

     

学校生活

広報

PTA

卒業生の方へ

お問い合わせ

ページの上部へ