学校の活躍

 ここでは本校の様々な活動を紹介していきます。各種コンテスト・コンクールの活動実績や成績を掲載するとともに韮崎工業高等学校で学んだことが社会に認められた瞬間を掲載していきます。


溶接競技大会で活躍した中嶋彩さんの取材が放送されます。

フジテレビで毎朝放送されているめざましテレビ内の「キラビト」というコーナーで特集に来ていただきました。
平成28年度山梨県高校生溶接競技会で優勝した中嶋彩さんの取材に来ていただきました。
放送は3月29日朝6時20分くらいから放送予定です。

  

技能検定・2種目制覇・2級2名合格

平成29年3月10日(金)に2年生の星野結豊君がプリント基板・電子機器の技能検定に合格しました。

また、機械系列で取り組んでいる機械検査2級に2年生2名(市川貴章君・望月武君)が合格することができました。

韮崎工業で学んだことや取得した資格をこれから社会に出たときに活用し、工業高校ならではの活躍を期待しています。

韮崎工業第52回卒業式が行われました。

平成29年3月1日(水)に韮崎工業第52回卒業式が行われました。

卒業生は3年間学んだこの韮崎工業高等学校を巣立ち、次の目標をめざし旅だって行きました。

また在校生は先輩方が残した伝統と技術を受け継ぎ、韮崎工業のさらなる発展を約束しました。

卒業式にご列席していただいた多くの関係者様、保護者の皆様にはお礼とお祝い申しあげます。

薬物乱用防止教室を開催しました。

平成28年12月21日(水) 山梨県警察本部 岡林健児 先生をお迎えして、薬物乱用防止教室が開催されました。韮崎工業高校在学中はもちろん、卒業後も「ダメ、ゼッタイ」を合い言葉に、危険な薬物には手を出さないよう心に誓いました。

 

    

第3回バイク実技講習会

平成28年12月1日(木)第3回バイク実技講習会が韮崎自動車教習所で開かれました。

新たにバイク通学をはじめた1年生も緊張の面持ちで取り組んでいました。

今回は実技に加えて講義も行って頂き、危険予知について勉強しました。

明日からは今まで以上に安全運転で登校したいと思います。


 

    

第66回山梨県高等学校英語暗唱弁論大会にて優秀な成績を収めました。

第66回山梨県高等学校英語暗唱弁論大会にてトグチ ヴィニシウスが優秀な成績を納めました。

すばらしい弁論で会場からは大きな拍手で弁論を終わることができました。

3位という結果になり、生徒のがんばりが実った形となりました。


第66回山梨県高等学校英語暗唱弁論大会の発表内容 を聞けます。

国家技能検定旋盤二級:3年斉藤君:合格(快挙)

平成28年度前期技能検定・機械加工・普通旋盤作業2級に本校の電子機械科3年齊藤新太君が合格しました。

技能検定2級合格は本校初の快挙で、最初の挑戦から7年越しの待望の目標が達成できました。

課題は丸棒の内径・外径、段付き、テーパ、ねじ切り等の各加工を旋盤で切削し、オス-メス2つの部品の組み合わせを3時間(標準時間)で仕上げる作業です。仕上がり寸法に対する精度は厳しいところで3/100mm(寸法公差)以内です。

その難易度の高さは材料を取り付ける際に「心だし」が必要であること、部品の一部に決められた精度で偏心させる加工面があることです。

この課題を時間内で作業完了をすることは極めて高い熟練度を要します。

齊藤君は1年生の10月から同作業3級を目指して練習を始め、2年生の7月に合格しました。

その後3年生の4月から2級の課題練習に取り組み、課題研究や放課後の課外、夏休みを利用しての自主練習を積み重ねこの度の結果に至りました。

(齊藤君の話) 実技練習では課題を10セット以上製作しました。

途中心が折れそうになった時もありましたが何とか頑張ることができました。 検定前日はそれまで相当量の練習を重ねたため、ある程度の自信もついたのか「早く検定を受けたい」という、わくわくした気持ちでいっぱいでした。 実技試験の当日は緊張もしましたがなぜか楽しく作業することができ、ほぼ練習通りの時間・仕上がり内容で課題が完成しました。

学科試験の出来が心配だったので、合格の知らせを聞いたときは涙が出そうなほど嬉しかったです。

チャレンジしてみて本当によかったです。今後はこの技術を仕事で生かしていきたいと思います。

溶接コンクールの様子がUTYで放送されます。

10/7(金)にUTYの18:55~放送される「山梨今人」で溶接コンクールの様子が特集されます。

本校の生徒が活躍した姿を見ることができ、女子生徒のコンクール実績が紹介されるのも見所の一つです。

こちらのリンク(外部リンク)からも紹介されています。

放送された内容はコチラ(外部リンク)からみれます。

夏休み期間中にプロフェッショナル探究を実施しました。

 

平成28年8月中にプロフェッショナル探究を実施しました。

より、高度な工業技術の探求を目的に様々なジャンルの企業を見学したり、大学で行っている研究について実際に現場に赴き、自分たちの知的好奇心をくすぐる活動をおこないました。

まずは、山梨県にあるファナック(株)にいきました。

ファナックでは製造ロボットの一部に触れることができ、生徒も感動と驚きの表情を見せていました。
そのほかにもおおきな車を軽々と持ち上げ移動させるロボット。大きい物だけだと思っていたら精密なロボットと様々な用途に合わせたロボットを見ることができました。


次は、都留文大にいきました。

大学生がどんな場所で講義を受けているのか体験することができました。
テレビでしか見たことのない、講義室に生徒たちも興奮していました。

最後に、プリンターでおなじみのセイコーエプソン(株)と諏訪東京理科大に行ってきました。


プリンターの歴史や諏訪東京理科大での講義などを受け、多くの経験を積むことができました。

今後も、プロフェッショナル探究を通じて工業技術や先端技術への興味関心を養っていってほしい物です。

平成28年8月6日(土)韮崎工業体験入学・平成28年8月7日(日)親子ものつくり教室を実施しました。

 

平成28年8月6日(土)韮崎工業の1日体験入学を実施しました。

前回の体験入学に継ぎ、多くの皆様にご来校いただきました。

また、体験入学の次の日には親子ものつくり教室が開催され、イベントが盛りだくさんとなっていました。

そんな中、体験入学にきた中学生や保護者の皆様の本校へのイメージが大きく変わったなどのパンフレットだけではなく、実際の雰囲気を知っていただけたみたいです。

親子ものつくり教室に参加していただいた皆様、とても楽しそうにものつくりを体験していただきました 。

様々な体験を通して、自分から何かを作り出す力は非常に大切になってきます。このイベントを通じてものつくりへの興味・関心やものを作る楽しさを感じていただければいいなと思っています。

平成28年7月16日(土)韮崎工業体験入学を実施しました。

 

平成28年7月16日(土)韮崎工業の1日体験入学を実施しました。

今年も多くの中学生に参加していただき、各系列ごとに工業技術の一部を体験していただきました。

中学生からは驚きと授業への熱心な姿勢が見ることができました。

この経験を活かして、進路の役に立てていただければ幸いです。

  

平成28年7月15日(金)フェアフィールド市高校生学校訪問が行われました。

 

平成28年7月15日(金) 韮崎市国際交流事業「姉妹都市高校生ホームステイ事業」フェアフィールド市高校生が韮崎工業高等学校を訪問しました。

国際交流事業は海外の方に日本の生活文化を体験することや、市内学校訪問、施設等の見学、市内各種団体や市民との関わることによって、国際交流を図ることが目的です。→韮崎市の国際交流事業内容(外部リンク)


韮崎工業では日本の文化を知っていただくために茶道部・弓道部・太鼓部がフェアフィールド市から来た高校生に部活で培った日本の伝統を披露しました。また、エコカー部では実際のエコカーに乗っていただきました。

 



今回の韮崎市国際交流事業を通して日本の高校生と日本の文化について知ってもらえたと思います。

平成28年7月5日(火)あけぼの支援学校との交流

 

平成28年7月5日(火) あけぼの支援学校と本校の生徒との交流を行いました。まずは校長先生から、見送りの言葉を生徒たちに伝え、生徒たちも、しっかり交流できるように準備をしてきました。


7/7が七夕ということもあり、天の川のお話を児童のまでさせていただきました。

語りをすることも登場人物を動かす絶妙なタイミングもばっちりできてあけぼの支援学校の皆さんにも喜んでいただきました。

平成28年7月4日(月)甘利山清掃ボランティア

 

平成28年7月4日(月) 甘利山の清掃ボランティアに参加してきました。

甘利山ボランティア勤労体験活動は11年目を迎えます。また、本校は競歩大会に甘利山を利用させていただいてるので、競歩大会のコースをきれいに使うことも韮崎工業の地域貢献の一助だと思います。

今年度も甘利山倶楽部および韮崎市観光協会より依頼があり、地域の環境保全活動に参加し、その意識を高めていきます。


 ←しっかり準備して甘利山の清掃美化に気合いを入れています。

 

         ↓韮崎市をバックに甘利山の清掃を実施して

          います。気持ちの良い汗をかきました。

平成28年6月22日(水)交通安全宣言集会を行いました

 

平成28年6月22日(水) 韮崎警察署交通課長 をお招きし、7月1日(金)から始まる高校生の交通事故・違反「0」3ヶ月運動に向けて 交通安全宣言集会を行いました。  

韮工生全員が交通ルールを守ることを誓いました。

H28年 6月 オープンキャンパスを実施しました。

 

6月19日に韮崎工業高等学校のオープンキャンパスを実施しました。

多くの方に参加していただき、この韮崎工業高等学校のことを知っていただきました。

まだ数回オープンキャンパスを実施する予定ですので、今回を見逃してしまった方は次回のオープンキャンパスに申し込んで見てください。各学科の特徴ある説明を聞くことができますよ。

 


電子機械科のオープンキャンパスの風景

ものつくりの基礎となる、加工技術の基本から、コンピュータを用いた高精度・高効率の先端技術まで実践を通して学びます。

中学生の皆さんも電子機械科の専門的な内容に興味津々です。



電気科のオープンキャンパスの風景

電気の基礎を学び、コンピュータ、テレビ、無線、電気工事、発電、鉄道、照明などの多方面に応用できる知識・技術を得ることができます。また、電気工事士の資格取得を目指しています。

配線の説明ではとても真剣に中学生の皆さんが聞いていました。



情報科のオープンキャンパスの風景

ハードウェア、ソフトウェア(プログラミングなど)、ネットワーク技術などを基礎から応用までを学び、時代に即したコンピュータ技術を習得します。

中学生も情報技術について興味津々です。



環境化学科のオープンキャンパスの風景

電子顕微鏡や原始吸光分析、ガスクロマトグラフといった最先端の機器を使用しながら、環境問題を理解するために必要な化学知識を習得します。

最先端の機材に参加者から驚きの声が!!



システム工学科のオープンキャンパスの風景

機械・電気技術を中心に基礎的分野から、自動車、エネルギーなどの応用分野まで、工業技術を総合的に学習します。

ソーラーカーや自動車の仕組みについて中学生の皆さんもびっくりしたみたいです。



制御工学科のオープンキャンパスの風景

ロボット制御を中心に、幅広い分野の先端技術を複合的に学び、今後ますます発展するロボット社会に対応できるエンジニアを育成します。

レゴブロックのロボットに参加した方は興味津々でした。



H28年 第8回 山梨県高等学校溶接競技会 5連覇

 

6/4(土)に山梨県高等学校溶接競技会が行われ、本校が優秀な成績を収めることができました。

山梨県高等学校溶接競技会の趣旨は「溶接技術がものづくりの基盤的技術としてあらゆる工業分野に極めて大きな貢献をしていることは周知のとおりである。この溶接技術はその本質から見て、溶接従事者の技量に負うところが大きいものであるが、近年、技能の伝承が危ぶまれる中で、高校生など若年層への技能伝承の期待が高まってきている。これらの経緯・実情を踏まえ、ここに第8 回山梨県高等学校溶接競技会を開催し、県内の高校生に溶接への理解や関心を深めていただくとともに、溶接技術の若者への伝承を通して、本県産業の発展に寄与するものである」

物作りの学校としてこのような成績を収めることができたのはとても名誉なことです。

これからも物作りの精神を活かし、挑戦し続けていきたいです。

韮崎工業で県高校溶接競技会で初となる女子の最優秀賞を受賞しました。

 

H28年 第1回バイク実技講習会

第1回バイク実技講習会が5月31日(火)、山梨自動車学校にて開催されました。
今回は、バイク通学をしている2,3年生57名が参加しました。
運転技術を身につけ、交通ルールを再確認し今まで以上に安全運転するようにします。


平成28年度 やまなしクリーンキャンペーンに参加

山梨県では、平成28年度から、子供から高齢者までのすべての県民が参加して環境美化に取り組む一斉活動「やまなしクリーンキャンペーン」を実施しています。日頃から慣れ親しみ愛着のある身近な地域の環境保全・美化のため年6回活動をしています。
本校でも今年度から全校生徒が参加して自宅から学校までの通学路の環境美化に取り組みます。この活動を通じて地域の身近な環境に目を向けるとともに生徒全員が地域を構成している一員である自覚が生まれることを期待します。

環境美化活動を5/25に実施し、地域の環境美化に大きく貢献することができました。
今後も、やまなしクリーンキャンペーンを継続的に参加していきます。

学校案内パンフレット

     

学校生活

広報

PTA

卒業生の方へ

お問い合わせ

ページの上部へ